中丸三千繪に夫はいるの?経歴と年収もチェック!

中丸三千繪(みちえ)さんといえば世界的オペラ歌手として有名ですよね。

そんな中丸三千繪さんの夫がいるかどうか調べてみました。

また、経歴や年収についても見てみましょう。

スポンサーリンク

夫はいるの?

中丸三千繪さんは2000年に音楽プロデューサーの加藤和彦さんとご結婚されました。

ともに音楽関係のお仕事に携わっていたことから意気投合したのかもしれませんが、しかし2人は2005年に離婚していました。

ちなみに加藤和彦さんといえば「あの素晴しい愛をもう一度」を作曲した有名な作詞家です。

中丸三千繪さんも日本を代表し世界的にも有名なオペラ歌手ですから、音楽家同士で急接近したことでしょう。

なぜ2人が離婚したのかは分かりませんでしたが、中丸三千繪さんが家を出て行ったとか。

あくまでそう噂されているだけですから真相はどうなのか。

それで中丸三千繪さんは現在は独身のようですね。

また、子供もいないようですが、オペラ歌手としての仕事が充実しているためだと考えられます。

中丸三千繪さんは2019年現在で59歳ですが、これからもお仕事を優先されるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

経歴と年収もチェック!

中丸三千繪さんの経歴を見ていきましょう。

まず学歴は桐朋学園大学声楽科卒業し、桐朋学園大学の研究科を修了しました。

大学1年生の時にはニューヨークの音楽院へ通うために留学されていました。

それだけではなくヨーロッパにも行って自分に合った音楽の講師を探す旅に出たこともあったそうです。

このように学生時代からオペラに対してはもの凄い熱心ぶりだったようですね。

そこからどんどんオペラ歌手としての頭角を現しました。

1990年のイタリア国営放送RAI主催「マリア・カラス・コンクール」では中丸三千繪さんさんが優勝しました。

このことがきっかけで中丸三千繪さんは欧米での知名度が上がり、世界からオペラの出演依頼が殺到するほどになったほどです。

なぜ中丸三千繪さんの知名度が上がったのかというと「マリア・カラス・コンクール」で優勝した唯一の日本人だったからです。

これを機に欧米では最も有名な日本人アーティストとして活躍を続けることができました。

そして最近の2018年ではエジプトのカイロオペラハウスにも出演していることから、さらなる活躍の場を広げているみたいです。

これだけ活躍されている中丸三千繪さんですので年収が気になりますよね。

オペラ歌手の一般的な年収は1000万円前後だと言われています。

しかし中丸三千繪さんの場合は年収5000万円以上だとか。

中丸三千繪さんは1回の公演につき収入2000万円以上だと言われているようです。

特に「マリア・カラス・コンクール」で優勝した実績がありますので、それがアドバンテージになっているみたいです。

したがって5回公演があっただけでも年収が1億円になってしまいますので、やはり年収5000万以上はあるのではないでしょうか。

どちらにしても中丸三千繪さん程の実績があれば年収は相当ヤバいことになっているのは間違いないでしょう。

スポンサーリンク


PAGE TOP